通院

 にゃーなの体力が戻るまで点滴と膣洗浄を続けるのに通院。
仕事から帰り、にゃんにご飯をあげて お留守番を頼んでにゃーなを病院に。

病院では にゃん同様、にゃーなもおとなしい。
洗浄の時はさすがに気持ち悪いのか ないている。
先生も看護師さんも にゃーなに声かけながら治療をしてくれる。
 
「本当に今もまだ安心は出来ないけど、危ないとこまできてたよ。
少し回復できてよかった。」
「体力が戻ったら検査していく方向で 手術はしなくてすむように。」と
先生が言ってくれた。
病院通いも疲れるけど 一緒にがんばろうね。


にゃーなはどんなに苦しんだのだろうか?
一人で初めての出産をし、 赤ちゃんがどうなったかはわからないけど
苦しいのと痛いのと悲しい思いが一緒に迎えたにゃーな。
本当につらかっただろうな。
にゃーなが私の元にきてくれてよかった。

様態が急変しない事を祈ろう。
まだ対面はできないけど 元気になってにゃんと一緒に遊んでね。

お家に帰ってからは にゃーなを隔離部屋に寝かせた。
なにがなんだかわからないにゃんちゃんではあるが
まだ見ぬにゃーなの気配に隔離部屋のドアの前で様子を伺っている。
ドアの向こうにいてるのはにゃんの兄妹だよ。
まだ会わせる事できないけどね。と私はにゃんに話した。
しばらく辛抱してね。 

そして今日も私はこの子達を見てまたがんばろうとおもった。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する