FC2ブログ

厳しい世界

今朝はお外のにゃんこ達の姿がなかったので少しうろついていたらなきごえがした。

そしたら、おとんとおかんが来ていた。

でもおとんでもおかんでもないなきごえがしてるのでキョロキョロしていたらころちゃんもいた。

ころちゃんはご飯早く食べたいよーと言いながらも大好きなおかんに擦り寄った瞬間

おかんはころちゃんに「しゃー」と怒ってころちゃんから離れた。

おとんはその様子をじっと見ていた。

子離れの時期がきているのかもしれない・・・

なんとも言えない気持ちがこみあげてきた。

それでもころちゃんはおかんに甘えながらおなかもすいているので

ご飯を食べながらないていた。

ふところちゃんに異変を発見。

鼻が汚れている・・・。 病気になっているかも・・・

ご飯食べたさで近くまでくるけどさっとかわされる。

・・・・・・・・・無力な私がいた。・・・・・・・・・

ここで自分が悲しい気持ちになっても何も変わらない。

私は限りはあるけれど出来る事はしようと思った。

でも一番は元気になってたくましく生きてほしい。

自然とはいつも死と隣あわせ。成長すれば縄張り争いもあるだろう・・・。

こんな事を毎回考えると自分の悩み事なんてちっぽけなもの。

あの子達は精一杯生きてる様をこの私の目の前で見せてくれているのです。












スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する